「人生」を崩さないようにするには、体内時計を狂わせない振る舞い

あたしが体調において心掛けていることは、「人生」です。「人生」を崩すと、体内時計が狂ってきて、各種ところにガタが来ます。
あたしは、真夜中眠れなくなった時折無理して寝ないようにしています。ただ、寝る日にちがばらばらも、起きる時間は同じとして、体内時計は狂わないように心掛けています。眠れない原因としては、身体のストレスと脳のストレスがあると考えます。取り敢えず連日各種緊張の中で過ごしているという、その緊張が原因で眠れないタイミングがあります。意識的に寝ようとしても、やっぱり眠れないわけで、そういうときは目を閉じているけど、寝られなくても構わないと考えています。どっちみち、後から帳尻合わせで眠くなるからです。眠れないと思いながら、無理に寝ようとしても、逆に目が冴えてきてどしどし眠れなくなってしまい、行き詰まりが続いてしまいます。ですので、無理に寝ようとせず、目はつむりますが脇にはなっているだけの状態でいます。これだけでいともスタミナが回復すると考えています。どうしても、真夜中眠りについても、延々と考え事をして、寝つけないことが多々あります。ボディーは疲れているはずなのに、寝られないタイミングがあります。こういうときは、ミュージックをかけたり、人懐っこい水ものを飲んだりしますが、眠れないときは何をやっても眠れません。開き直って文献を読んだり、TVを見たりして眠くなるのを待つほうが気持ちは楽になります。
眠れないについてをあんまり重く受け止めず、「いつかは眠れる」として明るく過ごすことが大切だと考えています。でもやはり就寝がいのちであることには変わりません。眠れない原因としては、「緊張」、「実践不完全」、「体内時計の崩れ」などがあげられます。眠くなる料理としては、一部始終トリプトファンを配合しています。トリプトファンの容量が多ければ多いほど、就寝結果は強くなります。トリプトファンは、乳製品(チーズなど)、大豆物(豆腐、納豆、味噌)、その他の耳より(アーモンドなど)、魚介部類、卵、チョコレートに数多く含まれています。トリプトファンは、緊張を軽減する至福ホルモン「セラトニン」のコツで、就寝を促す、内を落ち着かせる、息抜きものの成果があります。また水ものだという、お酒で眠ると、寝覚めは最悪です。何か苛苛します。安心の「リ」のワードも感じられません。先ず寝酒に頼るという、禁断症状になることが多いので、眠れない夜はアルコールを避けて、ハーブティーやしょうが湯を飲むようにしています。これまで、眠れないときは延々とミュージック、水もの、料理など試してみましたが、眠れないときは何をやっても眠れません。
最終的には、「いつかは眠れる」と考え、前向きに考えています。現代の緊張人前、どうしても眠れないときはあるわけで、そういうときは無理して寝ないようにしています。このように「人生」を狂わせないようにすることが、私の体調に対して心掛けていることです。http://coin-kaitori.top/