皮膚本来のチカラを呼び戻す「皮膚断食」というシンプルスキンケア法

わたしは20代中程あたりから表皮がセンシティブになっていきました。以前はいかなるコスメをつけても荒れ果てることはなかったのに、焼酎の入ったメイク水やメイククレンジング剤を附けるといった表皮がピリピリって赤くなってきてしまう。なのでこういうセンシティブ表皮を改善するために延々と調べていたときに、美肌代理人の佐伯チズ氏のホームページで「表皮断食」という意見をはじめて知りました。センシティブ表皮の原因のひとつに、スキンケアのし過ぎ、ということがあります。そのことにより通常より早い段階で表皮細胞が剥がれ落ちてしまい、依然として低くしょうもない皮膚は困難実施が軽く、様々な圧力に耐えられず表皮が悲鳴を上げているような状態になってしまう。表皮断食は、それらのクリーニングをお休みして表皮を正常な著しい状態に立て直す手立てだ。こういう表皮断食の感性をもとにわたしが現在もやる手立てがあります。取り敢えず、シャンプーは固形石鹸のみです。野放し種から生まれる純石鹸がおすすめです。それをかわいく泡立てて手厚く流します。そのため、メイクも全て石鹸で取り除けるものにしました。ファンデーションの代わりにパウダーにおいている。最近のアイメイク商品はお湯で落ちる種類のものがメインなのでメイクで困ることはありませんでした。シャンプー後は少量の乳液を形相本編になじませます。これだけでフィナーレだ。以前はクレンジングもメイク水も美容液も、という全体使っていました。表皮断食を通して数日は確かに懸念でした。メイクのノリは悪いし乾燥して皮がむけたこともありました。但し肌触りはガビガビしてるものの、表皮の赤みが消え発疹も減ってきたのです。そうして続けているとガビガビイメージはなくなり、さらりとした健康的な表皮に生まれ変わったのです。それからは大きな肌荒れはなくなり、皮膚科にお世話になることも無くなりました。肌荒れがあるってたまたまあれやこれやとアームをかけてしまうが、放っておけば表皮底力で癒えるんだなぁって実感した実例でした。おっぱいを大きくしたい