筋力低下が招く下半身太りを撃退したい、私が10か月かけて解消出来た理由

座ってくつろいでいるときに、お腹周りを触ってみて下さい。
肉の浮き輪がついていませんか?

私は仕事が変わり、あまり動かなくなったら肉の浮き輪が3か月くらいで出来てしまいました。
太った期間と痩せる期間は同じが好ましいっと言われていますが、私の持論としては筋肉組織が低下している場合はこれに限らずだと思うのです。
寝たきりの状態になると人は3日で筋力が落ち、高齢になると歩けなくなってしまうほどです。
ある程度の家事をしているだけでは全くもって痩せません。
最低限の筋肉だけで家事はこなせてしまうからです。実際、我が家は毎日掃除をしていますが痩せるまでの時間や筋肉の負荷もかかっていません。

じゃあ、どうしたらいいのかと思った時にカロリーを減らし筋肉量を上げる必要性があると思いました。
普段の動作でも痩せる体質を作り上げることがポイントになると思ったのです。
今まで、頭に体力勝負な仕事で疲れたから仕事を変えたのに運動をするなんてとも思いましたが、自堕落した感じが許せなかったのです。

コストはあまりかけたくなかったので、手っ取り早くウォーキングを始めてみることにしました。
平坦な道もいいですが少し坂道があったりする方が、歩きやすいかもしれません。筋肉量が落ちているから最初の1週間は横腹が痛くなったり、ふくらはぎが重怠くなったりと様々な症状が「辞めよう」と誘惑をしてきます。
でも、慣れてくると色んな所に歩いて行ってみたくなるのです。
ダイエットと称して歩ける観光地に行ってみたり、少しの距離だったら歩いてみようかなと前向きになるのです。
食事に関しても1日の運動量でダイエットしたい場合、トータルで私が摂取できるカロリーはざっと1200キロカロリー以下位が望ましいことが分かったのでご飯はお米を食べるようにして2食に変えました。
3食食べる方法は性分に合わずお腹いっぱいに食べたくなってしまうのです。
ウォーキングを始めて3か月くらいすると体重増加が全くなくなり減り始めました。
筋肉がつくと一時的に体重が増加しますが、その後痩せ始めます。
半年ほどたってから水泳も始めて全身運動を取り入れています。たくさん食べたいときにはみっちり泳いでからと時にはご褒美デーを設けながら頑張っています。ベルブラン

おかげで体重も減少しスタイルも改善されています。もっときれいになりたい欲も出てきたので運動は続けていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です