根元から歯を抜い立ときの選択

割り切り出会い長野県長野市
最近よく耳にするインプラントは、虫歯や歯周病、外傷などで失った歯のかわりにあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、メンテナンスが十分であればすさまじく長く使えます。

インプラント治療を受けようとすると、すべて自費なので治療にお金がかかることは承知しておいて頂戴。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定され立ところで義歯をつけます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

見た目の問題を考えるとどちらかというとインプラントが優位にたちます。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、必ずこうだと言い切れるものではなくて、人と状況によりけりなのです。

担当医の指示通りにいたみ止めを服用し、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

はじめてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

歯根をふくめて歯が無くなってしまっ立ところには、そもそも埋め込む先がない理由ですから、使えないのです。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そこに義歯を被せるという手順で施術がおこなわれます。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、施術が可能なのがインプラントの特性ということになります。

長年放っておいた虫歯があり、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラントの方が良いと考えました。

自費診療なので、すさまじくの額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

手術が終わってから、だんだんと噛んだときの違和感がなくなってきたので歯医者さんに言われ立とおりだと思いました。

簡単にインプラントとクラウンのちがいを述べるなら、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。

根元から歯を抜い立ときの選択としては、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他になくなった歯根のかわりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です