第三者にも分かる証拠を得

不倫問題を相談したいと考えるなら弁護士に相談することをオススメします。

婚姻解消したいのか、不倫相手に慰謝料を払わせたいのか考えてから相談するようにしましょう。

不倫の証拠を掴みたいのなら、探偵や興信所に相談するようにしてください。

相談者が女性の場合、近所の奥さんや友人を相談相手にしてしまう人も多いものですが、噂されたくない場合には、絶対にしてはいけません。

格好をチェックすることで浮気の実証ができます。

浮気をすることで、分かりやすく現れるのは今までとは変わった服装です。

おしゃれをすることにはそれまで関心がなかったのに、いきなり服装に関心を持ったのであれば注意する必要があるでしょう。

この先、浮気に進展しそうな人や、前から浮気の相手が存在するかもしれません。

不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいになる場合もあります。

実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますが、金額は少なくなってしまいます。

さらに、不倫相手が浮気を否定するケースでは根拠が必要です。

第三者からみても明白な浮気の証拠がなくてはいけません。

探偵の一部はアルバイトの例があってしまうのです。

探偵をするアルバイトを検索してみると、募集がかかっていることを知るでしょう。

ということは、バイトを使っている探偵事務所も多くの例があるということです。

浮気をしているのか調べてもらうのならば、個人を特定できるような情報を教えないとできないですよね。

バイトとしてやっていると突然やめることもあるでしょうし、聞いた事柄を第三者に教えてしまうことができてしまうわけです。

本人が知らないうちに、明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには、技術や機材がちゃんとしている必要があります。

浮気の現場をしっかり撮ったつもりでも、露出が足りず、誰の顔かはっきり見分けられないのでは証拠とは認められません。

浮気を探偵に調査してもらうなら、非常にコンパクトなカメラを使って相手が知らない間に顔がはっきり判る写真を撮ることができます。

飲食店などの領収証の記載には定食の数から一緒にいた人の数が推測できてしまうように印字されている事がありますから、浮気と判断する際の決定的な証拠となるでしょう。

ほかに、クレジットカードで決済した時は月々チェックするようにします。

仕事で使ったにもかかわらずビジネスホテルではなかったり、一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、誰かほかの人と一緒にいたと見られることがあるのです。

探偵が何もミスをしなくても、残念なことに依頼者の気持ちが先行してしまい、相手に余計な警戒心を与えてしまって浮気調査が難しくなり、失敗してしまう場合もあるでしょう。

探偵が浮気調査をする場合、確実に証拠が集められると決めつけてはいけません。

充分な調査が出来なかったときの費用についても、契約を交わす際に決めておくことが大事だと言えます。

京都府京都市の婚活サイトで出会い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です